• Counter
  • 00999076 人
    本日: 0072 人
    昨日: 0467人

No.207「春在枝頭」

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. No.207「春在枝頭」
siki.jpg
〜コラム 〜

No.207「春在枝頭」



去年の秋、京都の茶の湯特別展に行った時、お土産に「墨蹟カレンダー」を購入しました。月毎に禅語が書かれているので、めくるのが毎月とても楽しみです。
二月の言葉は「春在枝頭已十分(はるしとうにあってすでにじゅうぶん」、大意としては「春を尋ねてあちこち歩いたが、どこにも春を見いだすことはできなかった。帰宅して、ふと我が家の梅の枝を手に取ってみると、花が一つ二つ、いともふくよかに、よい香りを放ち咲いていた。春はすでにわが家に届いていたのだ。真理や幸福は、外へ探せば探すほど遠ざかってしまうものである。眼を内に向け、心と向かい合い、「今ここ」が「已に十分」という気概で歩んでいこう。」 というものです。

難しいものですね。どうしても外に外にと探しにいってしまいます。暦の上ではもう立春、北海道の春はどこにあるのやら。


※引用元:2023 日本の心墨蹟日暦、株式会社 千眞工藝

IMG_2736   IMG_2737