• Counter
  • 00691222 人
    本日: 0213 人
    昨日: 0354人

No.114「バトンを渡す」

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. No.114「バトンを渡す」
siki.jpg
〜部長コラム 〜

コラムNo.114「バトンを渡す」



~バトンを渡した先に何があるかはわからない、諦めるな。
受けとる側にとっては、バトンをもらうときの順位よりも、
どんな気持ちで渡されたか、その方が重要なんだって。~

8月の臨時総会で、次期部長が承認された。
私は今期で部長終わり、次の部長は新任の予定。
部長期間中は本当にいろんなことがあった。
泣いたり、怒ったり、謝ったり、泣いたり、笑ったり、泣いたり。
泣いてばかりだった。
思うように運営がうまくいかず、私の気持ちなんて誰も尊重してくれない。
少しは気を遣って欲しい、私の思いを行事に生かしてって何度思ったか。

でも、みんなの青年部。
みんなで話し合ってみんなで方向を決めていけばいい。
それで勉強して、良かったこと、改善点を学べばいい。
こう思えるまでに長い時間がかかった。

そして、来期は新しい部長の予定。
どんな風にバトンを引き継げばいいか、悩んでいるときに冒頭のフレーズを聞いた。

~どんな気持ちで渡されたか、その方が重要なんだって~

だって。

年内の私の宿題のような気がする。

55A2B9BB-7EB3-4DAF-BC56-B0ADE78920B4