• Counter
  • 00689312 人
    本日: 0288 人
    昨日: 0396人

No.146「読書」

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. No.146「読書」
siki.jpg
〜コラム 〜

コラムNo.146「読書」



 新型コロナウイルス感染症の影響でお茶の行事が中止や延期となってしまい、時間を持て余しています。そこで、カオスとなっているお茶関係の資料の整理をしてみました。意外とすぐ終わってしまいました。次に部屋の掃除。広い部屋ではないのでこちらもすぐ終了。炉に灰を入れてみました。もうすぐ風炉。遅すぎてもうすぐ片付けなくてはいけないと思うと自主練に精がでません。先週まではこの辺りをグダグダとしていました。そんな時「コラム書いてください!」とホームページ担当から連絡があり、突然やってきた自由な時間を知的に有効活用してます!的な事を書くぞと思い立ってはみたものの、〆切10分前でこの状態。かなり苦しい戦いです。

 今この状況の中で自分にできる事。不要不急の外出を控え、新型コロナウイルスに感染しない事、媒介者にならない事ぐらいです。そうは言われても、血液が緑なのではないかと思うぐらいお茶の予定がびっしり入った生活をしていたので、毎日何かが足りず悶々としてしまうのです。それなら炉に灰を入れたのだからお稽古をと言われそうですが、一人でお茶を点てて、自分でいただく、ちょっと違うのです。たぶん私が好きなのは、お茶を通して色々なことを考え形にし、人と共有をすること。残念ながら、この自粛期間には難しいです。

 出来ないことをしたいと駄々をこねても仕方がないので、終息までに何が出来るかに目を向けてみます。気にはなっていたけれど忙しくて出来ていなかった事、意外とあるような気がします。わたしはまず買って読んでいない本を全部読む。終息後にお茶を満喫するために、今は充電期間として色んな事を吸収しなくては!
B92DCFD8-2C54-4EA1-A340-B73ADF429D95