• Counter
  • 00689290 人
    本日: 0266 人
    昨日: 0396人

No.118「毎日が最良の日」

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. No.118「毎日が最良の日」
siki.jpg
〜部長コラム 〜

コラムNo.118「毎日が最良の日」



ある日、上司に「お茶の映画知ってる?」と聞かれ「日日是好日(にちにちこれこうにち)ですね」と答えた私。すると上司は「(ひびこれこうじつ)と読まないの?」と驚き、一緒にいた同僚は「映画では(にちにちこれこうじつ)となっていますよ」と不思議そうな顔。
そういえば、茶道で禅の言葉を勉強するまでは私も(ひびこれこうじつ)と読んでいたな、と懐かしく思い出された会話でした。
 日日是好日
禅語の読み方でも日常的な読み方でも多くの人に知られ、茶道ではふれる機会も多いこの言葉。茶道を始めて○○年、単純に「毎日が好い日」という意味ではないと知ってはいるけれど、改めて確認したくなり茶道辞典を開いてみました。
 人生の一日一日はかけがえのない貴重なものである
いつも時間が足りないと思いながら日常を慌ただしく過ごしている自分に、毎日を大切に過ごすことが大事なことだと折々に意識させてくれる言葉です。
歳をとっていくにつれ、本当に時間が過ぎるのを早く感じます。
仕事に、お稽古に、家事にと、気が付けば一日が終わり、月が替わり、年が替わっています。
昨年を振り返ってみても、お茶の行事や特別な出来事があった日以外の日々は何を思ってどんなふうに過ごしていたのか思い出せない自分がいます。丁寧な毎日を過ごせていなかったのです。
新しい年を迎えました。元号が変わる特別な年です。
気持ちも新たに今年も茶道を続けられることに感謝し、毎日が最良の日となることを心掛けこれからも精進したいと思います。

F35E7E0C-AEDC-4B1C-A943-5BC5DE4B3215