• Counter
  • 00691211 人
    本日: 0202 人
    昨日: 0354人

No.84「 部長になって」

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. No.84「 部長になって」
siki.jpg
〜 コラム 〜

コラムNo.84「 部長になって」



 私が所属している青年部は部員の数もとても少なく、ある程度の年齢であると役職に就くことからは逃れられないという(表現があまりよろしくありませんが)状況です。
今期部長を仰せつかった私は、部長を引き受けざるを得ない・・というような感じで引き受けたという表現が一番正しかった。お茶の知識も乏しければリーダーシップもあるとはいえない。本当に不安しかありませんでした。そんな中 12月の代表者会議への参加で様々な同志と出会い、懇親会で友情を深め、グループディスカッションでお茶をやっていなければ青年部でなければ部長でなければ出会うことがなかったであろう様々な方と意見を交わすことが出来、少し楽しみになって自分が所属する青年部へ戻りました。
  自分が部長になって初めての例会では、希望でいっぱいだった自分の心はまた砕け、不安でいっぱいになりました。でも、そんな中でも励ましてくれたり、新しいことをやってみたい自分と同じ方向を向いてくれる仲間が出来て、少しずつ何かが動いていることに、ありがとうという気持ちや嬉しい気持ちも増えていきました。そんな中、宗家研修を受けさせていただく機会を今回いただけて、他青年部と合同で行ってまいりました。初めての他青年部との合同行事。大変なことも勿論ありましたが、今回部長として参加出来て何事にも替え難い貴重な経験を沢山させていただけました。むしろ、部長でなければわからなかったこと、体験できなかったこと、気づけなかったことが沢山で、「部長をさせていただけて良かった」と初めて感じることが出来ました。同じことをやるにも嫌だな、大変だなとネガティブな気持ちを以て事を行うのと、なかなかこんな機会はないから楽しもうとポジティブな気持ちを以て行うのでは、気持ちだけではなく、気づきも違ってくるような気がします。
せっかくいただいた部長という機会。これからも楽しんでいけるような気がしています。そして、私だけが楽しむのではなく皆で楽しい青年部にしていけたら・・・最高です。

画像