• Counter
  • 00691220 人
    本日: 0211 人
    昨日: 0354人

No.58「私と茶道」

  1. HOME >
  2. コラム >
  3. No.58「私と茶道」
siki.jpg
〜 コラム 〜

No.58「私と茶道」



お茶を始めたのは、「雛祭り茶会」に招かれた事がきっかけだった。

就職して間もなくの頃、仕事で先生の御主人を担当させていただいた事が御縁となった。

数回御来店いただいたある時、御主人が「うちの奥さんはお茶を教えているんだよ。今度雛祭り茶会をするというから、よかったらいらっしゃい。」とお声をかけて下さった。

「茶会」といわれて何をするのかまったくわからなかったが、御主人の気さくなお人柄もあり、当日お邪魔する事をお返事した。

当時初めてお会いした先生の印象は、今とまったく変わらない。
朗らかで、「私も先生のように年を重ねたい」そんな風に思えるお人柄だった。

父と二人だけの生活が長い事あり、母親から教わるような御作法や気配りが、自分には足りていないのでは…。そんな事を思っていた頃に、先生と出逢い、「茶道」という存在を知って、入門を決めた。

師でもあり、母親のような存在の先生から教わったひとつひとつの事は、今の自分にとって計り知れないかけがえのない財産だ。

青年部に入る事を勧めてくれたのも先生だった。

単位青年部での活動やブロックの行事は、それまで自分が苦手に思っていた事や出来ないと思っていた事、その壁を乗り越えるきっかけを与えてくれ、今に導いてくれたと思う。

「茶道は自分にとって何なのか。」
「なぜ茶道を続けているのか。」
先生が勧めて下さった本にあった一文だ。

この言葉と向き合いながら、
そして自分なりの答えを見出せるように、
これからもお茶と関わっていこうと思う。

image