• リンク
  • 裏千家.gif
    北海道陶芸会.jpg
    image
    FullSizeRender
  • 行事予定
  • 11/7北海道ブロック創立
    50周年記念大会
  • New Photo
  • 20200223_14242520200223_142358
  • Counter
  • 00620749 人
    本日: 0153 人
    昨日: 0266人
  • Search

  • Mobile QR
  • 携帯電話からも
    アクセス
  • Social Media
498065_mトップページ画像

更新履歴
活動報告 - 空知青年部 親睦茶会
2021年10月06日

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

空知青年部 親睦茶会


8月22日(日)に親睦茶会を予定していました。前部長の卒業茶会も延期になっていた

ので、ぜひ、実施したいと思っていましたが、コロナの影響で支部の行事も中止となり、

集まることができなくなりました。そこで、Zoomを使ってお菓子づくりに変更しました。

仕事や家庭の忙しさの合間を縫って今回は青年部会員9名中4名とOB1名の参加があり

ました。


何か楽しく実施できることをしたいとなったときに、3年前に滝川市で行松さんにお菓子

づくり教室をしていただいたことが話にでてきました。そのため、今回は行松旭松堂さん

から「おけいこばこ」を取り寄せし、みんなでお菓子づくりをしました。コロナがなく、

集まることができれば、前部長さんの卒業茶会を行いたかったのですが、時期的に難しく

実施できませんでした。なので、今回は前部長さんにも声をかけさせていただき、計5名で

実施をしました。お菓子づくり終了後には空知青年部より前部長さんに記念品のお茶碗を

事前に渡させていただいていたので、参加した会員にお披露目もしていただきました。


みんなで作ってみると同じ工程で行っていてもそれぞれの個性がでる形になりました。

作ってみて職人さんの技の凄さを改めて感じました。また、今回はZoomでの実施だった

ので、普段なかなか実際の集まりに来るのが難しい会員の方にも参加をしていただけました。

直接会って行事ができない寂しさもありますが、Zoomだからこその良さを感じることも

できました。

会員の娘さんも覗きに来て一緒に作るなど、いつもと違うコミュニケーションを行うことが

できたのも楽しかったです。写真を撮るのを忘れるぐらい夢中になって作ることができ、

楽しい時間を過ごすことができました。


コロナが収まって沢山の活動ができるのが理想ですが、状況に合わせてZoomの利点も取り

入れながら活動を続けていきたいと思いました。


1629634080979 1629610460526

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

帯広青年部 「サマーパーティ」


8月1日、帯広青年部はサマーパーティを開催しました。例年、飲食店で食事をしながら

楽しんでいましたが、今年はコロナ禍のため飲食を共にすることは控え、Zoomを使って

開催いたしました。北海道は8月7日が七夕であるため、事前に以下のルールを決めて

開催いたしました。

①各自で七夕に関連したお菓子を用意すること。

②飲み物はそれぞれ好きな物を用意すること。


サマーパーティが始まると、初めに一人ずつ用意したお菓子と飲み物の紹介をし、その

後参加者全員で話をしながら飲食し親睦を深めました。無料のZoomを利用しているため

1回40分を予定していましたが、接続の不具合で全員が集まるまでに時間が掛かったこと

や話の盛り上がりもあり、急遽再接続をして時間を延長し切りの良いところまで開催しま

した。また、Zoomの接続が上手くいかない会員とは部長とLINE電話をし、その画面を

Zoomに映すことで参加していただきました。


ただ好きなお菓子を用意するのではなくイベントとして七夕に関したお菓子を用意する

事としましたが、これが話のきっかけとなりとても良かったように思いました。お菓子を

手作りした方、お取り寄せをした方、また七夕らしさが出るように盛り付けで工夫をされ

た方など、様々なアイディアがあり楽しく話を聞く事ができました。


以前会員研修で作ったガラスの器を今回盛り付けに活用しているのを見て、今まで青年部で

活動してきた事が繋がっている事を感じ、この状況の中でも工夫をしながら前に進み続ける

事が大切だと改めて感じました。普段Zoomは会議や研修で使う事が多かったため、親睦を

深める事を目的とした利用は新鮮でした。いつものZoomの利用とは違いリラックスした

雰囲気の中楽しいひと時を過ごす事ができました。


CE066869-8E8F-47B8-82FF-AE324FA604F8 (1)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

札幌第一青年部 会員研修「茶花 はじめの第一歩」


8月8日(日)、研修テーマを「茶花 はじめの第一歩」と題してオンライン(Zoom)で

開催し、17名の会員が参加しました。今回の研修は講師をお招きする形ではなく、委員会

内で勉強し、学んだことをまとめ発表する、新しい形の研修行事に挑戦いたしました。


第一部は基礎編で「裏千家オンライン茶道学」などを参考資料にしてスライドを作成し、

茶花の歴史や先人の言葉から学ぶ心得について、花入の種類、花を生けるときの心得

などをわかりやすく紹介いたしました。


第二部では、お社中の先生が生けた茶花の拝見や青年部所持の花入の紹介、さらに茶道

会館に咲く花をそれぞれスライドにまとめて紹介いたしました。他社中の先生が生けた

花や茶道会館の茶花など、じっくりと見る機会がなかなか無いので参加会員も真剣に

スライドを見ている様子でした。


第三部は、交流編として会員同士が気軽に話せるように3グループに分けトークルームに

移動して、それぞれのグループ内で当日用意した茶花のことや花に関するエピソードなどを

話して交流しました。交流後は、各グループ内の様子を代表者から発表していただき、

「それぞれ個性が溢れ素敵でした。」との声が多く聞けました。


先日、三役主催で行われた花器制作行事(静岡県駿河にある「匠宿」の体験型工房/駿河

竹千切り細工花入「千姫」手作りキット)で作成した花器に花を生けた方が多数でしたが、

ガラスの花瓶の方もいらっしゃいました。また、用意していただく花も和花・洋花問わず

自由にしました。茶室に茶花を生けるのはハードルが高いけれど、今回をきっかけに

茶花に興味を持っていただけたらと思います。


                  写真

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

帯広青年部 会員研修「表具講座」


帯広青年部は7月4日㈰に会員研修として、表具講座をZoomで開催いたしました。

講師は広島県広島市の表具店「冨岡泰雅堂」の店主をお招きいたしました。


部長から講師の紹介後、講師より表具(掛軸)について講義して頂きました。まず掛軸の

歴史について、6世紀初めの伝来から明治期までにどのような飾られ方をしたのか、

どのような仕立て方をされていたのかお話し頂きました。次に、取り扱い方として

実際に掛ける手順を 教えて頂きました。そして鑑賞の際のポイントとしてお茶席で

使われる掛軸の種類、本紙の種類、裂の種類、様式について説明して頂き、最後に

掛軸が出来るまでの作業工程をお話し頂きました。講義の後、1人ずつ質問させて頂き、

お茶とお菓子を頂戴して散会となりました。


ZOOMでの講義を受けるのは初めてでしたが、とても聞きやすく説明して頂き、参加

出来て良かったです。掛軸についてこれまで知らなかった膨大な背景や、掛軸を作る

ための 凝縮された技術を少しでも知ることができ、大変有り難く思いました。お茶席を

飾るための 一つ一つのお道具がどれ程の歴史を持ち、どの様に変化しながら現在に至る

のか、そこにある為にどれだけの人が力を尽くすのか、改めて考えさせられました。


IMG_3023