• 記事検索

RSS

2014年06月30日
帯広青年部 会員研修「陶芸体験」
 6月15日(日)、芽室町の久仁窯で、岩間成志先生のご指導の下、会員7名で陶芸体験をして来ました。3年前にもお世話になったのですが、先生は、その時の独創的な作品も覚えていてくださり、今回も私達の独創性を期待されている様子でした。
 まずは抹茶茶碗を作成しました。型を使って作成するタイプだったので、型を取るのに時間はさほどかからなかったのですが、形を整えたり、模様をどうするか考え始めると、それぞれのこだわりが見られ(蹄鉄の形の高台など)、じっくり考えながらの作業となりました。3年前より、形の整った仕上がりになり、今年の茶会に使用するイメージができました。その後、余った粘土で蓋置や菓子器もつくりました。特に、富士山の形に菓子器を作り、茄子の型を押した作品があり、先生も「釉薬に白と青を」と配慮してくださり、仕上がりが大変楽しみです。
 最後に、黄瀬戸、織部、萩など、それぞれ釉薬の希望を伝え、3週間後の仕上がりを待つことになりました。あっという間の2時間、2回目の会員も、初めてだった会員も、口々に「楽しかった」と、皆、満足することができました。

画像 ot2.jpg

ot3.jpg

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年06月16日
旭川青年部 「護国神社祭」呈茶
神社に参拝にいらっしゃった方にお茶とお菓子でおもてなしをしています。
毎年恒例の行事のため、参拝者の方の中には毎年この呈茶を心待ちにしてくれている方も少なくありません。
神社名物である藤棚の元、御園棚のお点前をいたしました。今シーズン最も暑い日になってしまい、屋外の呈茶とあって、汗をかきながらの呈茶でした。

ag2b.JPG ag3b.JPG

ag1.JPG一般のお客様がほとんどですので、予想外の色々な事も起こるのがこの行事の楽しみのひとつでもあります。
とは言え、350人のお客様のおもてなし。目まぐるしい忙しさと、屋外の猛暑に一同頑張りました。

平日のため、会員のお手伝いの人数では手が薄く、親先生からのお手伝いの申し出に甘えさせて頂きました。大変感謝しております。

毎年恒例の行事ですので、今は無事終えられた事に安堵しています。また、この経験を来年の糧としたいと思います。

ag4.JPG
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年06月05日
札幌第一青年部 平成26年茶会
1M_01.jpg 5月4日(日)、桜が満開に咲き誇る中、北海道茶道会館にて札幌第一青年部茶会が行われました。ゴールデンウィーク中でしたが、新入会員8名を含む青年部会員50名が参加し、164名のお客様にお越しいただきました。
 「みどり」をテーマに、1階嘉祥軒では「新緑」を趣向に薄茶席を、2階では「端午の節句」を趣向に立礼席を行いました。



受付・待合
1M_02.JPG 床には総見院山岸久祐筆「心静長年楽」の短冊をかけました。テーマの「みどり」に合わせ、待合には観葉植物を置き、森林浴気分を楽しんでいただけるよう小鳥の囀りのBGMを流したのが初めての試みでした。また、PR席では屏風に全国大会にエントリーした際の資料を展示し、ブロック研修会のお知らせをしました。
 いずれもご好評頂き、学生からは「活動の様子がわかり、待合が参考になりました。」とのお言葉をいただきました。

嘉祥軒 薄茶席
1M_03.JPG 床には坐忘斎御家元筆「翠竹清」のお軸を掛け、紫交趾花入には大花延齢草を入れました。淡々斎御好みの「溜精棚」には、竹絵の水指、棗は遠山蒔絵、蓋置は子供の日にちなみ、竹林で子供たちが仲良く遊んでいる情景を感じさせる三閑人を使い、五月のさわやかな新緑をイメージし、薄茶一服を差し上げました。
 お茶は鵬雲斎大宗匠御好みの「明昔(さやかのむかし)」。お菓子は柏餅で、銘を「若葉」といたしました。柏の葉は新しい芽が出ないと古い葉が落ちないことから、「青年部の後継者が途絶えない」という思いを託しました。北海道の初夏を感じていただきながら、終始なごやかなお席となりました。
画像 炉から風炉へと移行後間もなくの時期だったため、点前を担当する会員は緊張感の中本番に臨みました。新入会員にとっては初めての茶会となりましたが、すぐに仲良くなり、先輩会員と一緒にお客様のおもてなしをする中で、実体験を通して学ぶ機会となりました。
 互いに声を掛け合いながら、一人ひとりが責任を持って自分の仕事を担当し、お茶を通して良い交流をすることができました。


1M_05.JPG  1M_07.JPG

2階 立礼席
画像 端午の節句の前日ということで合戦や勝負を意識した立礼席にいたしました。お点前、お運びは男性会員が先頭に出て、その後に新入会員が続き、お客様に端午の節句を味わっていただきました。
 さわやかな風が吹く季節を感じていただけるよう高桐院松永剛山筆「薫風自南来」を床に掛け、秋田杉の手桶に菖蒲を入れました。薄器は兜蒔絵大棗、火入は勝ち虫と異名を持つ蜻蛉絵、花寄せ屏風に研修行事で作成した家紋の扇子を設えました。また、騎馬の若武者をイメージして水指に市松紋灰釉、蓋置に唐銅の「蹄鉄」を使わせていただきました。
1M_08.jpg 会員手作りの干菓子入れ「登鯉」と干菓子はお客様に特に喜んでいただきました。ナプキンと懐紙で鯉を形作り、愛らしい目で表情豊かに仕上げました。干菓子は吹流しの色を5色にすることと色が強くなりすぎないよう何度も試作を重ねてできたものでした。お運びのときに皆様の歓声が水屋に届き、手作りしたことで一層嬉しく思いました。外国からのお客様にも大変喜んでいただけたと伺い、短い時間ではありましたがお茶を通じて日本の年中行事の一つを堪能していただけたものと思います。
1M_10.JPG

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2014年06月01日
北見青年部 ブロック研修会経過報告
早いもので5月も終わろうとしている時候、京都でのナショナルコンファレンス2014も大勢の参加者にて盛大に終了し、いよいよ7月の第43回ブロック研修会モード全快にして望まなければいけません。

NCM_0201.jpg今回主管を務めます私たち北見青年部は現在64名の会員で活動しております。
北見一円、北は紋別市まで所属会員は広範囲と、なかなか会員全体での集まりに苦労はしておりますが、今回の研修会での役割を地域別に各委員会を設置して準備にあたっております。

北見支部親先生、OBの皆様にも温かく支えていただきながら、会員一丸となってこの度の研修会に望んで参ります。

7月の北見で皆様にお会い出来ますことを楽しみ、会員一同心のよりお待ち申し上げております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━