• 記事検索

RSS
札幌第二青年部 総会・交流会

3月27日(日)、裏千家北海道茶道会館3階大広間にて総会を行いました。昨年度の行事報告・会計報告、今年度の行事予定・予算案が報告されました。ご臨席頂いた副支部長様、幹事長先生には、茶道という文化を継承する者として青年部の活動を頑張ってほしい、というお言葉や、これからも茶道を続けてください、というお言葉を頂き、会員一同気が引き締まる思いでした。

総会後は、同じ会場で青年部の交流会を行いました。オードブルを囲みながらのリラックスした雰囲気の中、新入会員の紹介や、会員一人一人の自己紹介を行いました。「お茶を始めたきっかけ」「青年部で楽しかったこと」「青年部でやってみたいこと」「マイブーム」をひとりずつ発表し、会員のこともお互いに知ることのできる時間でした。会員同士の交流が深まり、笑みのあふれる大変和やかな交流会となりました。
image image

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

釧路青年部 合同総会


画像平成28年4月3日(日)、花嵐(道東のお花はまだまだ先です)の釧路市生涯学習センターに於いて、親支部・学校茶道協議会・青年部による合同総会が開催されました。支部長、副支部長、顧問御二人に御臨席賜り、親支部、学校茶道協議会に続き、青年部からも昨年度及び今年度の活動及び収支予算について、部長、会計担当者より報告させて頂き、無事承認を頂きました。今回は、青年部から議長役をご指名を頂き、不束ながら議事進行を務めさせて頂きました。親先生のお計らいにより、様々な形で行事に関わらせて頂きながら、本当に日々多くの事を学ばせて頂いております。

更に、本総会では、今年9月10日11日の土曜日曜に釧路に於いて開催されます、『第54回北海道地区大会』について、清水支部長始め役員の皆様から、精一杯お客様をおもてなししたいと、熱い思いを言葉にされ、幹事長先生からは、1人でも多くの方に大会にご参加頂き、1人でも多くの皆様と共に御家元をお迎えする為に支部を挙げて盛り上げていく旨お話がございました。

釧路は今年、長崎、金沢と共に観光モデル都市に指定されました。外国からのお客様向けのモデル事業であり、釧路はこれからworld wideに知られるまちになります!今年の秋は、一足早く『一服のおもてなしと、霧の街・釧路』へ。皆様是非お越しください‼︎

image2


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小樽青年部 平成28年度通常総会



小樽青年部【総会】①平成28年2月21日(日)、小樽市公会堂にて小樽青年部の通常総会を開催しました。

支部の先生方も小樽支部の総会引き続きご出席くださいまして、心より感謝いたします。総会では平成27年の経過報告、収支決算報告及び平成28年の活動方針、行事予定及び予算案についてご承認いただきました。

小樽青年部【総会】②

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

第49回青年研修会 報告


平成二十八年三月十九日から二十一日まで、裏千家茶道会館および裏千家学園にて、第四十九回青年研修会が行われました。今回は、全国から八十名(L・T出向員を含む)の参加となりました。

開講式では御家元様より「まずは京都まで、ここまで来たということが何より大事です」という暖かいお言葉を頂戴致しました。

その後の研修では、十二名の業躰先生がお稽古して下さいました。

三日間、午前と午後の計六回、どのお部屋で、どちらの業躰先生に御指導頂けるのかは直前までわからず、ドキドキした気持ちでした。

お茶室も様々で、この季節にふさわしい釣釜のお茶室があったり、鳥の鳴き声が聞こえてくるお部屋があったりと、なんとも風情がある空間でした。また、きちんと整えられたお水屋や、美しく管理された茶室は、日常の御稽古とは少し違う心地よい緊張感を与えてくれました。

業躰先生方の多様な実技講習は、とても興味深く、基本の細かな作法から、茶人としての心構えなど、たくさんのことを教えて頂きました。

足の痺れと痛みには少し苦戦しましたが、毎日いただくとてもおいしい宗家のお菓子とお茶が、辛いことも一気に吹き飛ばしてくれたような気がします。

今回青年研修会に参加する前は、とても不安な思いでしたが、勇気を持って一歩踏み出してみると、一生忘れられない素敵な記憶と経験になりました。そして、最高の宝物は、全国のたくさんの仲間と出会えたことだと思います。

応援して下さった先生方や青年部の仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。





札幌第二青年部 渡邊エリカ

LT2

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━