• 記事検索

RSS
札幌第一青年部 札幌芸術の森「茶―今日のしつらえ」展・森の茶会の添え釜


札幌芸術の森・工芸館にて開催中の「茶―今日のしつらえ」展に合わせ、連休中の五月四日、入場者に一盌を差し上げました。
image同展は「現代の茶会」をテーマに、道内外の工芸作家の作品を紹介するもので、お席はこれら出品作品を使用し「森の茶会」として行われました。会場となった芸術の森工芸館には茶室が設けられ、午前中はこの茶室で二席六人のお客様に薄茶を差し上げました。午後はすぐ脇に設けられた立礼席にてお点前。前田宗源和尚筆の「山水有清音」の短冊を掛けた野点傘に、シラネアオイを入れ、お客様を迎えました。茶杓には小林太玄老師作の銘「翔」を用いたほか、水指、茶器、茶碗、蓋置、建水はいずれも展示作品を使いました。また、お菓子にはロイズコンフェクト提供の「ちょこまん」をお出しし午後のひとときを楽しんで頂きました。
作家の作品展と連動した茶席はこれまでになく新鮮で、お茶席と立礼席の両方に足を運んでくれるお客さまもいて、会員にも良い経験となりました。
image

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

釧路青年部 新入会員の集い

去る平成27年5月16日、釧路市交流プラザさいわいに於いて、新入会員の集いを催しました。時とともに行事の趣きも変わり、お互いゆっくりとご挨拶する機会もなくなってしまった事から、小形部長のご発案で今年から始まります会です。
image第1回目である今回は、小学生から青年部卒業も間近の我々まで、自己紹介、部長から活動内容のお話の後、お互いにお茶を点て合い頂きました。お菓子は、地元豆の木さん御製の『杜若』、お茶碗は、昨年、青年部行事として、同じく地元の釧里窯、高橋義信先生のご指導の元、各々轆轤を回した思い出の品です。今年もまた、新しい仲間と共に楽しい思い出が増えてゆく、とても素敵なひと時を過ごす事ができました。
画像image

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━