[サイトマップ]
  • リンク
  • 裏千家今日庵
    北海道陶芸会
    茶道文化検定
    ナショナルコンファレンス2016inいわき 概要
  • イベント予定
  • 第二回ブロック協議会まで
    あと 59
  • 行事予定
  • 11月26日第二回ブロック協議会
    11月27日ブロック茶会
  • New Photo
  • WP_20160521_19_13_45_..RIMG1217
  • Counter
  • 本日: 000049 人
    昨日: 000155 人
    累計: 129281 人
  • Search

  • Mobile QR
  • QRコード携帯電話からも
    アクセスできます。
  • Social Media
  • マイメニュー
トップページ画像トップページ画像トップページ画像
更新履歴
  • 09月16日 活動報告「 札幌第一青年部ナショナルコンファレンス2016 inいわきに参加して」 を掲載しました
  • 09月16日 活動報告「札幌第一青年部定期総会」を掲載しました
  • 09月15日 コラムを更新しました
  • 09月14日 札幌第一青年部「簡単!楽しい!手作り和菓子」を掲載しました
  • 09月10日 学び舎を更新しました
  • 08月31日 コラムを更新しました
活動報告 - 札幌第一青年部「ナショナルコンファレンス2016 inいわき」に参加して
2016年09月14日
札幌第一青年部「ナショナルコンファレンス2016 inいわき」に参加して 

平成28年6月17日~19日に茶道裏千家淡交会総本部主催にて福島県いわき市で『淡交会青年部ナショナルコンファレンス2016inいわき』が開催され、497名が全国から集いました。札幌第一青年部からも3名が参加し、今回の感想などを定期総後に思い出の写真も交えながら報告がありました。
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
画像苦労は若いうちに買ってでもしろ」とは、 御家元のナショナルコンファレンス2016inいわきの初日講演でのお言葉です。6月17日から3日間かけて行われた本会に参加し、郡山市の友人と郡山青年部の方々に再会するという目的を果たすことができました。
10年前に郡山から北海道に転勤して以来、なかなか福島に足を運ぶことができずにおりましたが、思い切って参加することで冒頭の御家元のお言葉に共感した次第です。また、プログラムを通して被災地への思いを感じ、自分の住む地にその思いを繋いでいくという意義を改めて考えさせられた機会となりました。そして、全国各地の参加者の元気に触れることができるこのような会は、参加するには大変なこともありますが「百聞は一見に如かず」です。若い方にもぜひ経験してほしいと思います。(上野久美子)
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
画像目一杯楽しんで参りました。その一部を報告します。コース別研修は『アクアマリンふくしま』へ行き、震災から4ヶ月で再オープン出来た軌跡を伺い、館内を自由散策。そこには震災の影響を感じさせない穏やかな風景があり、唯一入口エントランスに1mの段差が残るのみでした。茶杓交換会は、無作為に行われ横浜青年部の方が作成したものを頂き、拙作はなんと海外へ!後日メールが届いてビックリしました。大好きなチャリティ展観では、6品入札した内2品当り、嬉しくも品々と共に支払用紙をいただいてきました。2日目の実行委員会主催の懇親会では、学生の頃から日本ハムファンでいらっしゃいますお家元と、野球談議の上、写真を撮ることが出来、感無量でした。今年も合言葉は『打倒!ソフトバンク!!』引き離されないよう応援中!おあとがよろしいようで。(奥山裕喜)
◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇
画像2015年6月、「ナショナルコンファレンス2016inいわき」に向けた意気込みを、全国委員会58名が一人ひとり巻紙に書き、お家元のお誕生日プレゼントとして差し上げました。
それから一年。私は実行委員の一人として、全国委員会の仲間と共に「誇りと情熱」を掲げたこの行事に取り組んでまいりました。いわきの兄弟竹で茶杓を削り、それを携えて、全国各地から約500名がいわきに集結。前日準備を含め、楽しくも怒涛の4日間を過ごしました。
東北の今を知り、それを心に刻んで地元に持ち帰り、新たに到来した茶杓で茶を点て、語り部として思いを伝えていくことを、帰路、心に誓いました。大河の一滴たる自分が出来ることが、何かあるはず。それを模索し、探し続けるのが茶の湯の道であるとお家元から道標をいただいたように思います。しかと受け止め、実践していくことが青年茶人である私たちに与えられた使命であり、誇りです。「今、私たちが出来ることに向き合い、痛みと歩みを共にしたい」と書いたあの日の初心を忘れずに、一人ひとりの誇りが静かなる情熱の灯りをともし、未来に流れる大河となるよう、日々歩みを重ねていきたいと思います。(木野奈美)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
札幌第一青年部「定期総会」 

 画像平成28年8月5日、今年度2回目となる定期総会が、札幌市男女共同参画センターにて行われました。定期総会前に参加者へ「天の川」に見立てた錦玉羹のお菓子を用いて呈茶を行い一服していただきました。
総会では22名が出席し、審議は参加者の拍手をもって承認されました。
木野部長からは「残す行事も少なくなりましたが、後半の青年部活動についても、皆様と楽しい時間を過ごしていきたい」との挨拶がありました。

画像画像

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
札幌第一青年部「簡単!楽しい!手作り和菓子」 
             
画像平成28年8月7日(日)、札幌市生涯学習センターちえりあ4階家庭科研修室において、かしわ委員会が担当で研修行事が行われ、午前の部、午後の部合わせて総勢30名の会員が参加しました。
8月下旬に行われる学校茶道交流茶会への研修も兼ねて、「簡単!楽しい!手作り和菓子」と題したお菓子作りとしました。当日はお菓子作りが得意な会員が講師となり、担当委員会が各グループのサポート役として研修を進めていきました。

画像1つ目の二色羹は、見た目にも涼しく、かわいらしいお菓子。白餡をベースの材料とし、青に着色した部分と透明の部分の2層に分かれている主菓子です。透明部分の中には赤い金魚を型抜いて浮かべ、水の中で金魚が泳ぐ様子を表現しました。くじ引きの番号によって決められた役割に応じて、一人ひとりが作業を担いながらグループごとに二色羹を作り上げました。
2つ目の和三盆、3つ目の雲平は、それぞれ材料を混ぜて型抜きをするお干菓子です。一人ずつ好きな色を選ぶ楽しさがありましたが、どちらも繊細な水加減に一苦労。講師やサポート役の会員のアドバイスを聞きながら、作業をする表情は真剣そのもの!ようやく型抜きの段階になると表情も和らぎ、おしゃべりをしながら楽しく作業を進めていました。

約1時間半で3種類のお菓子を作り上げ、最後にかしわ委員会によるお呈茶で自分が作ったお菓子と一緒にいただきました。自分で作ったお菓子は格別!達成感もあり「美味しい!」と自然と笑顔があふれていました。
今回は、お子様連れや初めて行事に参加するという新入会員の参加者もおりました。その中でお互いに声を掛け合ったり、助け合ったりする姿も見られ、会員同士の交流も図ることができました。「簡単!楽しい!手作り和菓子」というテーマの通り、楽しく、そしておいしい研修行事となりました。

画像

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岩見沢青年部 ファミリー茶会

画像8月28日に岩見沢まなみーるにて会員の家族や友人をお招きし、ファミリー茶会を開催しました。なんと赤ちゃんももお母さんと一緒に参加してくれました。

まずはお席に入りお菓子とお茶、その後互いにお茶を点てあったりする体験、最後に皆でお弁当をいただきました。少人数でしたが楽しい会となりました。

「浦島太郎」がテーマで亀の香合が飾られていたのですが、1歳の男の子が気に入ったようで、じーっと見たりふたを開けてみたりしていました。

画像 画像

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
根室青年部 茶杓削り講習会・茶会


平成28年7月31日、根室市北方四島交流センター(ニ・ホ・ロ)において、茶杓削り講習会と茶会を行いました。参加者は青年部から7人、支部から3人でした。

画像先に行った茶会は、6月のナショナルコンファレンスinいわき2016(以下、NC)参加者の「おすそ分け茶会」とでも言えるものでした。お抹茶は記念品の相馬焼のお茶碗で、お菓子は行松旭松堂の震災復興菓子「絆」と「幸せのエール」をこの日のために取り寄せ、土産話をききながら一服しました。

茶杓作りは、NCでの茶杓交換のために以前に茶杓作りを体験していた会員が、削り方の手順を説明してくれました。参加者皆慣れない刀を手にし、竹の棒に向かって奮闘しました。少しずつ削っていくと刀の扱いには少し慣れてきましたが、左右のバランスや厚みが難しく、使い慣れた茶杓のレベルになるにはとても難しかったです。それでも、集中してくると無言で、それぞれ思い思いの茶杓を作成しました。
写真の2本の茶杓は、NC参加者二人が交換し頂いてきたものです。

画像  画像

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━